パピー, 初回トレーニング

【お散歩で歩けない】

おトイレ問題とお散歩でなかなか歩くことができない、生後4ヶ月のキャバリアMixちゃん。
トイレ問題は、思っていたほど失敗頻度は多くないものの、失敗場所が「いかにも犬の好きそうな場所」だったので、その場所をつぶす(物を置いたり・行けないようにガードするなど)ことをご提案しました。

お次はお散歩。解禁から2週間、まだ思うように歩いてくれず、途中から抱っこで帰ることが多いようでしたが、こちらはちょっとしたリード対処のきっかけで、かなり普通に歩けるようになり、今までの何倍もの距離を歩き、頑張りました。今日はきっと爆睡だね!

パピー, 初回トレーニング, 犬グッズ

【今日も1匹釣れました】

本日は、一昨日ご自宅に迎え入れたばかりの、生後50日の柴犬パピーちゃんの初回トレーニングに伺いました。
迎え入れる前からお問い合わせがあり、初回トレーニングのタイミングを少し迷われましたが、初期対応を誤らないよう、迎え入れて2日後に初回をおこなうことになりました。

まだ到着してほんの一日半ですので、今のところ、夜鳴きがひどくう〇ちを踏み荒らしてしまう事以外は大きな問題はありません。

“【今日も1匹釣れました】” の続きを読む
パピー, ほえる, 初回トレーニング

【要求吠え】

本日は、生後5ヶ月のMシュナウザーのお宅に伺いました。
お悩みは「吠えること」。う~ん、Mシュナはどうしても吠えのお悩みが多いですね。このお宅は2匹目のシュナで、先住犬のメス5歳はほぼ吠えないそうなのですが・・・・今回は、警戒心ではなく、うれしくて興奮してしまう要求吠えのようです。

要求吠えは、警戒吠えよりも厄介な傾向がありますが、吠えるタイミングは比較的警戒吠えの子のタイミングに近かったため、通常の要求吠えよりは対処しやすかったです。

“【要求吠え】” の続きを読む
トレーニング, パピー

【偶然の再会】

お散歩解禁から2週間、最初は外に慣れずおどおどした様子が見られましたが、ようやく慣れてきたため本日より本格的なトレーニング開始!

歩き始めると、すぐ近所の小学校に通う子供たちが多数。その中から一人の女の子が「ゴールデンだ!」と駆け寄ってきました。
飛びつかないように気を付けながら撫でて貰うと、「うちにも3歳のゴールデンがいるんです」と。「え?3歳?名前は?」・・・・なんと、その子供さん宅のワンは、私がトレーニングした子でした。
何度かは子供さんを見かけたことがありましたが、思わず「お~!」とお互いに手を出し合ってしまいました!

それにしても今日は思いのほか暑かった。朝8:00~のトレーニングでしたが、まだ体力もないため、暑くてバテバテ~なワンコでした。

トレーニング, パピー

【パニック行動あきらめないで】

暑さもようやく落ち着き、生後5ヶ月を迎えたWシェパ君。
いよいよ本格的なトレーニング開始です。

まだ少し蒸し暑いですが、風は心地よく、日陰をメインにまずは慣らし運転のお散歩へ・・・・チョコチョコ止まりながら様々なポイントをお伝えし、30分程で室内へ・・・・いつもたくさんの質問が次から次へと出てくるのですが、その中に気になるお話が・・・・

以前から少しずつ動物病院を嫌がり出していたのですが、先月皮膚トラブルが発生したため通院頻度が増え、また、点耳薬の投与など苦手な行為をされる頻度が増えたところ、一気に苦手反応が悪化!
待合室では冷静なものの、診察室の扉が開き院長先生の顔を見た途端、ものすごい勢いで後ずさりし、待合室中をパニック走り?してしまうご様子。
この動物病院へは他にも2匹のWシェパードが来院しているため、院長先生は「Wシェパードはこんな感じですよ」とさほど気にしていないようなのですが・・・・診察中、1人では押さえられないため、2~3人がかりで体を拘束し、ヒーヒー悲鳴を上げる中で治療や診察をおこなっているのだそうです。

この話を聞き、主人の実家にいたGシェパードの「バディくん」を思い出しました。

“【パニック行動あきらめないで】” の続きを読む
パピー, 初回トレーニング

【次もゴールデンR】

9年前、トレーニングにお伺いしていた近所のお宅。毎年年賀状をいただいておりましたが、12月に亡くなったとお手紙をいただきました。

今週久しぶりにお電話があり、「やはり犬の居ない生活には耐えられない」と、新たな仔犬を迎えられたとのこと。またトレーニングをしたいと、ご連絡をいただき早速行ってまいりました。

同じブリーダーさんから迎え入れたという生後3ヶ月の仔犬。昨日の初散歩で早速大はしゃぎだったそうで、私の自慢のお手製「犬じゃらし」にも、活発に食らいついて遊んでくれて、なかなかのお転婆さんぶりでした。

来週から、先代同様週2回のトレーニングをおこなうことになりました。

それにしても・・・・ゴールデンとラブラドールの飼い主様は、先代が亡くなってもまた同犬種を飼われる方が圧倒的に多い気がします。やはりそれだけ相性の合う、素晴らしい犬種なのでしょうね。相変わらず、大型犬人気犬種のナンバー1&2だけのことはあります。

ちなみに我が家の先代フラットCRは、第7位です・・・・

パピー, 初回トレーニング

【迷ったら一度ご相談を】

今朝、問い合わせの電話がありました。
迎え入れて3日目のプーちゃんですが、トイレが上手くいかないとのこと。
まだ3日目なのでそれ以外の問題点はあまり思い当たらないご様子で「トレーニングではどんなことをやるのですか?」とご質問がありました。

初回相談や体験レッスンでは、特に「これ!」と言う絶対的な内容は定めていません。まずは飼い主様がトレーニングを考えた最初のきっかけとなる問題行動に関するお話やトレーニングをおこない、時間に余裕がある場合には、短時間でより効率のよい(犬の満足度の高い)遊びのご提案や、ハウスから出す際の「マテ」服従姿勢など、状況に応じておこなっていきます。

“【迷ったら一度ご相談を】” の続きを読む
パピー, ほえる, 初回トレーニング

【お久しぶりです!】

十年以上前、トレーニングに伺っていたお宅からお久しぶりの電話がありました。そのお宅には先住犬のSハスキーがいましたが、その後Aマラミュートを迎え入れ、初めての犬種とのことでトレーニングをおこないました。

今回は、マラミュートが亡くなって2年ほど経ち、当時同居していた娘さんが、隣家にて新たにハスキー犬を迎え入れました。それまで代々3匹のハスキーと1匹のマラミュートを飼ってきましたが、以前は常に先住犬がいて、その子たちが子犬を上手に教育してくれていたようであまり手がかからずに来たため、今回先住犬がいない状態から迎え入れたところ思いがけず手がかかり、どうして良いかわからずヘルプのご連絡をいただきました。

ケージの前に座ると、初めは嬉しそうにクンクン言っていましたが、間もなくワンワン吠え出し、それでも私が飼い主様と話し続けていたところ、かなり強い声で吠え出しました。吠えながら今度はケージの網を噛み、猛アピール!かなり強気の雰囲気で「もしかすると本気で怒っているのかも?」と感じるほどの態度で、飼い主様も「こんなに強く吠えるの初めて見た!」とおっしゃるほど。それでも吠えている間無視していたところ、15分くらい?でようやく落ち着き、ふて寝状態に・・・・

「いつもはここまで待たせていなかった・・・・」 

“【お久しぶりです!】” の続きを読む
パピー

【1歳半まではケージを】

今朝、およそ半年間週1~隔週トレーニングをおこない、ひとまず先月で終了した生後10ヶ月の大型犬のお宅から、ご相談メールが届きました。
それを踏まえ、ちょっと基本的なお話をしたいと思います。

20年以上、多くのお宅を見てきた私個人の意見ではありますが、私は犬が生後1歳半を過ぎるまでは出来る限りケージやサークル、仕切りなどを利用し、無駄にフリーの状態を作らないことをオススメしています。日に何度かしっかりと犬に向き合う時間を作り、ケージから出したらちゃんと目をかけて世話をし、手を掛けて遊んでやることで、トイレも早く覚え、イタズラも少なくなります。出しても目を掛けないからいつの間にか粗相をし、手を掛けないから「遊んで欲しくて」じゃれて噛んでくるのです。

トイレとイタズラの問題さえなくなれば、出来るだけ早くケージから解放したいと考えていらっしゃる飼い主様は多いのですが、若い頃からケージ不使用の時間が多いと、ちょっとした問題が出やすい傾向があります。

ケージ不使用の時間が長いことで、我慢する感覚が薄れて要求が増え、その分叶わないときの不満も増えます。 

“【1歳半まではケージを】” の続きを読む
トイレ, パピー

【やっぱり性格よし】

Aラブラドゥードゥル、2週間ぶり2回目のトレーニングに伺いました。
前回は、拾い食い&トイレ問題が主でしたが、今回拾い食いは一切しなくなった、との事。そしてトイレもかなり良好になり、今では遊んでいてもケージまで戻るようになってきたそうです。ケージに戻ってのトイレは難易度の高いことなので、これが自然にできるようになってきたなんて、素晴らしいです!

Aラブラドゥードゥルのトレーニングは今回4匹目になりますが、皆本当に性格がいい。明るくフレンドリーでありながらも、ガチャガチャしておらず、教えたことを素直に聞いてくれる。フワフワふにゃふにゃと、本当にぬいぐるみのように愛らしい、ラブリーな子たちばかりです。

現在月1程度トレーニングしている別のドゥードゥルさんもこんな感じ~。

フレンドリーすぎて誰にでもお腹を見せてしまうそうです。

フレンドリーな子は、フレンドリーなりに気をつけなくてはいけない面もままありますが、比較的受け身なタイプの子が多いようで、最初にちょっと気を付けて対応すればそれほど大変ではありません。でも、初期対応を間違えると、せっかくの能力を台無しにしかねませんので、せっかくの性格よしな子たちですから、是非その能力を存分に引き出してあげてくださいね。

※ Aラブラドゥードゥル@オーストラリアン・ラブラドゥードゥル