トレーニング, ほえる

【ゆっくり慣らそう】

しばしば犬に吠えてしまう大型犬の男の子。
ちょっとビビリで、ノットフレンドリー。

家が少し高い位置にあり、お庭から道路を見下ろしては通り過ぎる犬に吠えてしまう。お散歩は自転車引きのため、息が上がっている状態ではどうしてもより興奮しやすく吠えることが多いご様子。

でも、ちゃんとあらかじめ首輪スタンバイして対処したら、ここのところ随分とマシになって来ています。

今日は公園散歩中に、ワンコが2匹近づいてきました。
必ず「綺麗な犬ですね~」とか「カッコイイですね~」と言われるサルーキくんですが、「ちょっとビビリなので・・・・」とあらかじめお伝えして急に来ないようけん制します。今日のワンコたちは穏やかな子たちだったので、少し近づいてもらって、徐々に慣れてきました。最後は自分からクンクン・・・・凄い!上出来。
本当はこうしたいけど、怖くて勇気が出ないのでしょうね。

後半他の犬も来て、しばらくご一緒させていただきました。
おやつをあげている方に興味を持って近づいたけど、差し出されたおやつは食べず・・・・手持ちの慣れたおやつをやって貰いましたが、やはり食べませんでした。最後に私から差し出してみましたが、それも食べられナカッタ・・・・

沢山の犬の前で、実はかなり緊張していたのでしょうね。
帰宅後、門前ではちゃんとそのおやつを食べてくれました。

“【ゆっくり慣らそう】” の続きを読む
ケア, トレーニング

【獣医さん嫌い?】

現在、1歳1ヶ月のWシェパード君。

実は幼少期から獣医さんが苦手。病院に入るたびに後ずさりしたり、触ろうとすると軽く牙を当てようとすることもある、と、わずか生後4ヶ月くらいの頃からご報告を受けていました。その後もその反応、態度が良くなることはなく、診察にあたる獣医さんもやや腰が引けている様子。

それほど通院回数は多くないのですが、その後も行くたびに同様の態度、あるいは益々強気になってきているようなので、獣医さんを替えた方が良いのではないか?と思い、飼い主様にご提案。

結局、いつもお買い物に行っている大好きなペットショップ(そこではスタッフにもお客様にも愛想よくかなり人気者!)の中にある動物病院に替えてみました。

元々の病院で特にどうしてもダメだったのが耳の処置。病院をかえ、大好きなショップ内なので態度はだいぶ良かったのですが、やはり残念ながら耳だけは触ることができず・・・・シャンプーにもこのショップを利用していますが、シャンプー時にも耳掃除は出来ていないとのことでした。

“【獣医さん嫌い?】” の続きを読む
トレーニング

【ボール遊びはやりすぎない】

1歳を過ぎ、ここのところ週2→週1トレーニングにしていた大型犬のお宅で、パパさんからのご連絡。「緊急事態宣言後、忙しくなってしまい犬の散歩に行ってやれない。明日来られますか?」

従業員を在宅ワークに切り替えた分、ご自身がお忙しくなってしまったのだそうで・・・・犬にそのしわ寄せがきてしまいました。

それなら思いっきり遊びましょう!

トレーニングメインではなく、活発に動くことを目的に、ボール投げして楽しく駆け回って遊びました。ただ・・・・暑さに弱くすぐにボール欲が萎えてしまうため、適度に休憩をとりながら。
めっちゃボール大好き!と言うタイプの子でない限りは、「飽きるまで」「バテるまで」やるのはご法度。ここは犬の反応様子を見ながら、バランスよくおこなうことが必須です。

トイレ, トレーニング, ほえる

【お散歩開始】

先月、緊急事態宣言発出後、在宅ワークとなったことをきっかけに、新たに小型犬を迎え入れたお宅で、今月から、定期的なトレーニングをおこなうこととなりました。

先月おこなった初回トレーニング時は迎え入れて1週間で、トイレのお悩みが主でしたが、ケージ内のトイレしか準備していなかったため、犬のトイレの習性をお伝えし、工夫&改善していただいたところ、新たにケージ外に設けたトイレに安定してできるようになったとのことで、ひとまず第一段階クリアの目途がたちました。

トイレ問題がクリアされたため、後半はお散歩トレーニング。
臭い嗅ぎが多く、また、ちょっとビビリちゃんなため、男の人など見かけると吠える事があるとのことでした。
元々、生後6ヶ月で迎え入れたため、来た当初から自宅でも結構なビビリちゃん。ケージの扉が開いていても不用意には出ずケージ内にいることも多い程ですので、様々なものに対して警戒心が強まってしまうのでしょう。

怖がるものに対しては、急に現れるとより驚きが強くなるため、まずは距離を気を付けながら徐々に慣らしていくことが必要です。ただ、吠えた時にはちゃんとリード対処して、そのうえで「大丈夫だよ~」などと声を掛け、気持ちを静めてあげましょう。

トイレ, トレーニング, パピー, ほえる, 初回トレーニング

【今だからこそ】

緊急事態宣言の発出以降に、「数日前に新たに仔犬を迎え入れた。」と言うお問い合わせが数件ありました。
お仕事が出来なくなったり、在宅ワークになったり、週末もどこに行くこともできず家にいるこの時期だからこそ!迎え入れたようです。

月齢は、まだお散歩に出せないパピーもいれば、すでにお散歩解禁となっている生後半年ほどの子などもいます。ワクチン接種が済んでいる子であれば、迎え入れてすぐに一緒にお散歩することが出来、ただ手ぶらでお散歩するよりよほど楽しく歩けますね。

ただ、いざ迎え入れてみたものの、「おトイレがうまくいかない」とか、「リードを付けて外を歩けない」など、迎え入れてから思ってもみなかった壁に当たる飼い主様もいらっしゃいます。
せっかく犬とゆっくり向き合えるこの時期に、外出自粛の中、少しでも張り合いになればと迎え入れたのに、トイレがうまくいかなかったり、お散歩で歩けなかったり、またお散歩で他の犬に吠えてしまったりしていては、当初描いていた犬との楽しい生活からかけ離れてしまいますので、このような問題がある場合には、出来るだけ早く解決しておかなければなりません。

せっかく迎え入れたのですから、楽しく過ごせるよう、打てる手は早めに打っておくことをお勧め致します。

ケア, トレーニング

【季節の変わり目】

1月頃お散歩解禁し、「体力がある!」と飼い主様から言われていたラブラドールくん。ところが先日、ちょっと公園でロングリードで走らせたら、子供たちが沢山いたため思いのほか調子に乗ってはしゃいでしまい、帰宅後ハアハアがなかなか止まらず、1時間もおさまらなかったとのこと。

またここのところ急に、お散歩で歩き始めると、それほど距離を歩いていないうちから、すぐにハアハア口が開いてしまう様子。

飼い主様は「急に体力がなくなった」とおっしゃっていましたが、ここのところの気温の変化について行けず、体が疲れているのかも知れません。
季節の変わり目、若い犬や老犬では、時々体調を崩す子もいます。

本犬が望んでいるうちはそこそこ大丈夫かと思いますが、ちょっと疲れてきたら無理しない方が良いかもしれませんね。

帰宅後は、玄関の段差に、おっさんのように座っておりました(#^.^#)

トレーニング

【今日も合同トレーニング】

本日は、訓練試験受験予定のワン2匹を、1時間ずらしてグループレッスン場所に集合!していただいて、合同トレーニングをおこないました。
普段単独でトレーニングしている時にはうまくできていることでも、より形式ばっておこなったり、他人に見られることの緊張感で飼い主様が普段通りにふるまえず、知らず知らずのうちに犬の動作に影響してしまうため、飼い主様のメンタルトレーニングです。

最初に2匹をご対面させて喜んでしまったため、いざトレーニング!と言うタイミングでも興奮し、ズルズル影響出るかと思いきや・・・・そこはグループレッスンなどでも慣れている子たち、スッと切り替えてちゃんとトレーニングモードに入り、しっかりやるべきことをおこなっておりました。

今後も、同じ目的を持つもの同士であれば、このような機会を徐々に増やせると理想かな?と思っています。

トレーニング

【お腹撫でてうっとり~】

仔犬からトレーニングしている子たちは、なつき方が全然違います。
成犬スタートの子たちは、撫でてもあまり喜んでくれず、どこかよそよそしく感じる子も多いのですが・・・・

普段トレーニングばかりで、遊んだり走ったりはしていても、あまりゆっくり撫でたりすることはないWシェパくんですが、耳チェックをしようと、リラックスさせるため撫でていると、うっとりして「もっと~」と寝転んでしまいました(#^.^#)

サクラ、徐々に散り始めましたね・・・・

トレーニング

【拾い食い】

まるでわざと?かのように不意に拾い食いすることがあるゴールデンくん。
こちらの目に把握しにくいような、小さな小石をヒョイと口にするため、こちらもあらかじめスタンバイすることがなかなか難しい場面もあります。

ただ、くわえたら口から出して「次はやっちゃダメよ!」などと言ったところで、次をやらなくなることはありません。

そのため一度拾ったら、何度でも同じシチュエーションを作り、やらなくなるまで対処することを繰り返します。
地面から拾わなくなった後、前足の上に小石を乗せてマテの練習!
ちょっと意地悪ですが、しつこい子には、こちらも根気よく対処していくことが重要です。