トイレ, パピー, ほえる, 初回トレーニング

【4ヶ月パピー@初トレーニング】

本日はポカポカ陽気の中、午前中はグループレッスンをおこないました。
今日は今までで一番大型犬が多かったかな?
ラブラドールR3匹に、ボクサー、ダルメシアン・・・・

小~中型犬の4匹は、大型犬軍団にちょっと押され気味・・・・でも、みんな優しい大型犬なので、小型犬にとっては慣らすためのよい修行になります。初参加の時は吠えてばかりだった子なども、みんな本当に良くなってきています。素晴らしい!

昼からは、初トレーニングの4ヶ月シュナちゃんのお宅へ・・・・
お悩みは

・ご飯をしっかり食べてくれない
・トイレに戻ってしてくれない
・甘噛み
・ほかの犬に吠える….などなど

ご飯は、ボディチェックしてみたところ、案外ボリューミーな体格だったので、現在あげている量が多いだけのようです。ショップでの量をそのままあげているようですが、飼育環境が変わると必要量は都度変わります。ショップでは様々な刺激がありますが、静かな環境に変わったことでそれほどエネルギーを必要としなくなったのでしょう。
袋の表示量や、今まであげていた量などにとらわれず、臨機応変に対応していくことも大切です。

“【4ヶ月パピー@初トレーニング】” の続きを読む
トイレ, トレーニング, ほえる

【お散歩でしかトイレをしない】

もうすぐ生後1歳のオーストラリアンラブラドゥードゥル。

・お子様や犬に対し、遊びたくて吠えてしまう
・モノをくわえて逃げる
・トイレの失敗

などの問題が出てきたため、4ヶ月ぶりのトレーニングに伺いました。

最初に散歩へ行き様子を見ましたが、私の顔を見てトレーニングモードに入ってしまい、一切吠える様子が見られず口頭説明だけで終わりました。

室内では、まずは盗み取りをしないような対処、そして取った時には、叱らない・追いかけない、ではそのためにどうするか?などをお伝えしました。

最後はトイレの問題。
今までちゃんとケージに戻ってしていたのに、お散歩でするのを好むようになってからは朝の室内でのトイレをしなくなってしまった。雨の日など我慢できない時には、いつの間にか別の場所でしてしまう・・・・と言うもの。

この、「お散歩でしかトイレをしない」お悩みは非常に多いです。
基本的に、朝晩だいたい同じ時間帯に散歩をしているお宅では、半数以上の犬は室内でトイレをしなくなってしまいます。朝の排泄を確実に室内で終えてから散歩に行く、あるいは最初から週に2~3度は朝さぼっておけばこういう事にはならないのですが・・・・室内ですることを嫌うようになってきてからの修正は、時間が経てば経つほど厳しくなり、我慢してしまうため犬の体にも負担がかかります。

できれば朝のお散歩は、室内で排泄を済ませてから。
また、朝夕どちらも、週に1~2度は大きく時間をずらしたり、行かない日を作っておきましょう。

また成犬になると、仔犬の頃と比べ体が大きくなり、ケージの中のトイレではしなくなる犬も多いため、中~大型犬では、ケージ外にトイレを設けることも重要です。トイレは、崩れてきたらすぐに方向修正の対処をし直すことが重要。失敗を繰り返していては、良くなることはないですからね。

トイレ, トレーニング, パピー

【パピートレーニング3回目】

3週間前から飼い始めたチワックスくん。迎え入れて1週間後から週1回のパピートレーニングを開始しました。

初日はトイレと甘噛みが主なお悩みでしたが、1週間後、すでにトイレ問題はクリアしており、素晴らしい!と思ったのもつかの間、またその翌週には粗相が見られ始めました。

このようなパターンはよく見られるのですが・・・・
飼い主様が早くに犬を信用しすぎてしまう事。そして、行動範囲を広げたり、目を離す機会が増えることが原因です。多くの失敗を見てきた経験上、飼い主様には、大事をとって「1ヶ月間失敗ゼロ」になるまでは気を抜かないように、とお伝えしています。

“【パピートレーニング3回目】” の続きを読む
トイレ, トレーニング

【グレーチングで排泄】

我が家のワン達は側溝の網蓋@グレーチングで排泄するよう教えています。

それをお客様にも伝え、チャレンジしてできるようになったワンもいて、「道路を汚さなくてよい」「緩い便でも綺麗に流せてよい」と大好評です。

現在トレーニング中のゴールデンR、生後4ヶ月半。先代ワンコがグレーチングトイレできていたので、今回も是非教えたいと思いつつなかなか思うようにいかないご様子。とは言えまだ生後4ヶ月半。焦る必要はないかとは思いつつも、草や土での排泄を好むようになってしまうと後からの修正が困難になるため、トレーニング中良い場所を探しながら歩き、見つけました!
ご自宅からおよそ徒歩3分、細目のグレーチングで条件バッチリ!

何度も往復して歩かせ・・・・しばらくしないと、その横でフセの練習、またクンクン臭い嗅ぎを始めたらグレーチング上をウォーキング・・・・これを繰り返すこと数回。そろそろ戻ろうかな?なんて頃についに、してくれました!

そして次のトレーニングでは、グレーチング上を歩き始めて十数秒で小。さらにその4~5分後には大もしてくれました。

「え?もう覚えちゃったの?」と、こちらがビックリしました。

汚しても水で流せば綺麗さっぱり! 他人様の玄関の目の前などさえ避ければ、最もご迷惑の掛からない排泄場所ではないかと勝手に思っています。

我が家のMプードル「キャビィ」は、生後11ヶ月で迎え入れた時には、「外で排泄さえできない」「グレーチング上も怖くて歩けない」ような子でしたが、本当に時間をかけて粘って粘って、ようやくできるようになりました。
皆さまも是非、チャレンジしてみてください。絶対におススメです!

トイレ, パピー

【やっぱり性格よし】

Aラブラドゥードゥル、2週間ぶり2回目のトレーニングに伺いました。
前回は、拾い食い&トイレ問題が主でしたが、今回拾い食いは一切しなくなった、との事。そしてトイレもかなり良好になり、今では遊んでいてもケージまで戻るようになってきたそうです。ケージに戻ってのトイレは難易度の高いことなので、これが自然にできるようになってきたなんて、素晴らしいです!

Aラブラドゥードゥルのトレーニングは今回4匹目になりますが、皆本当に性格がいい。明るくフレンドリーでありながらも、ガチャガチャしておらず、教えたことを素直に聞いてくれる。フワフワふにゃふにゃと、本当にぬいぐるみのように愛らしい、ラブリーな子たちばかりです。

現在月1程度トレーニングしている別のドゥードゥルさんもこんな感じ~。

フレンドリーすぎて誰にでもお腹を見せてしまうそうです。

フレンドリーな子は、フレンドリーなりに気をつけなくてはいけない面もままありますが、比較的受け身なタイプの子が多いようで、最初にちょっと気を付けて対応すればそれほど大変ではありません。でも、初期対応を間違えると、せっかくの能力を台無しにしかねませんので、せっかくの性格よしな子たちですから、是非その能力を存分に引き出してあげてくださいね。

※ Aラブラドゥードゥル@オーストラリアン・ラブラドゥードゥル