トイレ, パピー, 初回トレーニング

【トイレは自然に覚えません】

トリミングサロン様からのご紹介で、生後3ヶ月半のメスのシェルティちゃんの初回トレーニングをおこないました。

先月、先代の小型犬が亡くなり失意の最中に迎え入れたため、溺愛しすぎて甘やかしてしまうのではないか?とのご心配から、トリマーさんが強くトレーニングを勧めてくださいました。

すでにワクチンが完了し、お散歩に出られる状況になっていたため、今回は外で初回のご相談をおこないました。

トイレの成功率が微妙で、先日までだいぶ良くなってきたと思ったら、昨日は全然ダメだった・・・・などと不安定なご様子。ただ飼い主様は「そのうち覚えるかな?と思って」とおっしゃっていました。が、この考え方はあまりいいとは言えません。

例えば、子供の勉強などでも、
a そこにテキストを置いておくだけで、勝手に手に取って勉強する子
b「これ宿題ね」と伝えてテキストを置いておけば、手に取って勉強する子
c「これ宿題ね」と伝えてテキストを手渡しすれば勉強する子
d「これ宿題ね」と伝えなおかつやり始めるまで一緒にいれば勉強する子
e「これ宿題ね」と伝えなおかつやり終わるまで一緒にいれば勉強する子

などなど、様々ではありませんか?

ケージの中にいる時はトイレでするがゆえ、いずれ覚える=勝手に自分からやるようになる。とお考えの飼い主様は未だ多いのですが・・・・実は猫は、大多数がトイレ砂さえ置いておけば、勝手にaのようにやってくれます。

が、残念ながら犬ではa・bのような子は少数派。2割くらい?と言ったところでしょうか。特にトレーニングに来ている子では、7~8割はd・eのように、しっかり張り付いて教える、やらせることが必須な場合が多いです。

今週末にも、1歳の小型犬で未だうまくできないトイレのお悩み相談にお伺いする予定ですが、「そのうちやるようになるだろう。」と考えるのは禁物です。前の子はそれで出来たから、と言う方も多いのですが、10匹いれば十匹十色です。

徐々にでも、確実に成功率が上がってきていなければ、そのまま自然に覚えることを期待するのはやめましょう!そして大事をとるならば、1ヶ月間一切失敗無し!になるまでは、気を抜かないよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です