トレーニング, パピー

【お手入れはマネ事から慣らす】

迎え入れてちょうど1ヶ月のパピーちゃん。
週1トレーニングをおこなっています。

トイレ・甘噛みからの反抗・服従姿勢で暴れるなど、都度問題をクリアしつつも、新たに気になる点が出てくるようで飼い主様のお悩みは尽きません。
伺うたびに、前回の問題はちゃんとクリアされているのですが・・・・

今回は、ブラッシングで噛んでくるとのことで、ブラッシング時のコツをお伝えしながら実践でお見せすると「あら~、いい子にやらせるのね~」。
相変わらず、私をスキのない相手とみなし、長いものには巻かれています。

飼い主様がおこなう場合の注意点・ポイントとして、
1 最初はリードを付けておこなう事
2 甘噛みした時の対処
3 おとなしくいい子な時に欲張ってやり過ぎないこと
をお伝えしました。

特に3番!
これは是非皆様にお伝えしたい!!

お手入れ行為は「最初はまねごと程度から、徐々に慣らしていく」のが基本です」。特に問題なのは、暴れる時は短い時間で終わるのに、おとなしくいい子な時は「今がチャンス!」とばかりに皆やりすぎてしまう事。長々やり過ぎた結果犬が飽きてしまい結局暴れ、飼い主様も「そろそろ」と思っていたところだったので、そのタイミングで止めてしまう・・・・

つまり、「暴れると止める」という結果になっています。
最初は短い時間ですぐに終わりにして「少し我慢すればすぐに終わるよ」と教えたいのに、「今日はいい子だからあともうちょっとやろう!」と一生懸命やりすぎてしまい、結局長い時間やりすぎたり、強い力で(ブラッシングや歯磨きなど)やってしまったり・・・・それではせっかく「少しなら我慢しよう!」と思い始めていたワンコが、「暴れると止めてくれるんだ!」と勘違いし、すぐに暴れることを学習しかねません。

お手入れ行為は、

はじめはまねごと程度から徐々に慣らす

是非、これは守ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です