初回トレーニング

【成犬トレーニング急増中!】

他犬や、近所の小学校に通う小学生男児などに「吠えまくる」ことがお悩みの生後1歳9ヶ月の柴犬くん。幼少期にパピーパーティーで小型犬に追いかけられ、嫌な思いをした経験の持ち主です。

いずれはグループレッスンに参加したいご意向ですが、まずはリードの扱い方を覚えていただく必要があるため、初回個人レッスンをおこないました。

お散歩道中(拾い食い・臭い嗅ぎ・吠えるなどなど)のお悩みを改善するには、まずはリードを緩められるようにすることが必須条件です。そのためのリードの扱いを練習します。
今回の柴ちゃんは、通常はそれほどリードをガンガン引っ張るわけではありませんが、多少でもリードを引いて前を歩かせてしまうと、いざ犬を発見した際そのままイケイケになりやすいため、犬が前に出たらリードを引きながら反対方向へ歩いていただき、自分ペースで歩かないよう何度か繰り返すと、割とすぐにリードを引かずに歩けるようになりました。

遠方に犬がいたため近づくと、通常ならすぐ吠える距離でも全然反応せず驚きました。調子に乗って至近距離に行ってしまった時には反応しましたが、それでもかなりの距離まで吠えずにいられました。ただ、今回は自宅周辺ではないため、ホーム(通常の散歩コース)だとまた様子は違うと思います。

柴ちゃんの後にトレーニング予定だったワンコに少し早めに来ていただき、より近くで練習。最初はかなり吠えましたが、しばらくすると突如吠えなくなり、その後は隣り合わせでリラックス~。相手が無害だとわかれば闇雲に吠えるわけではないことがよくわかりました。

これならグループにご参加いただき、良いワンコたちを沢山みることで、徐々に他犬への印象もより改善されてくると思います。ただ、いざという時に制御するためのリードや首輪素材に不安があったため、ここは次回までにより良質なものに変更していただくようお願いしました。

次回のグループレッスンへのご参加をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です