トレーニング

【咬傷事故】

ちょうど1歳になったばかりのゴールデンくん。本日5回目のトレーニングに伺ったのですが・・・・昨日、お孫さんとご自身が噛まれた。とのこと。

お孫さんが置きっぱなしにしていた消しゴムを口に入れてしまい、お孫さん自身が取り返そうと口に手を入れてしまいガブリ!それを見て飼い主様が「ダメでしょう!」と叱りながら手を出し、またガブリ!
今までは、口にくわえた物を取り返そうと手を出しても大丈夫だったそうですが、お孫さんを噛んだことに対する飼い主様の怒りのプレッシャーや、初めて口にしたモノ@消しゴムに、いつもよりも執着が上がってしまったのかも知れません。

初回からお伺いして見ている中で、しばしば強い要求の態度を出す場面が見られ、徐々に改善していこうと日々アドバイスをしていた矢先でした。

初回のトレーニング中から、こちらのリード使いに飛び掛かって抵抗する場面が見られ、最初の数回のトレーニングのうちは目をつぶって「はいはい、座ろうね~」という感じで流していましたが、今回の件を受けて、今日は飛び掛かりの態度に喝を入れました。
具体的にはリードを使って顔が上がらないよう@飛び掛からないように制するだけですが、何度か繰り返し抵抗していました。それでも最後にはやらなくなり、何をすると自分に不都合なのか?何をすると褒めてもらえるのか?考えるきっかけにはなってきていると思います。

それでも、初回のガンガン引っ張りくんからは驚くほどの改善が見られ、徐々に家庭内での安定や、少しずつ我慢を教えていくことも並行してやっていけるようにと思っています。

まだまだトレーニングは始まったばかり。
今なら出張トレーニングでも十分修正できるので、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です