トレーニング, ほえる, 初回トレーニング

【預託訓練出したけれど】

4ヶ月前初回相談に伺った生後8ヶ月のゴールデンRのお宅。
当時生後4ヶ月のラブ×シェパードMixのパピーもいましたが、その子は吠えがひどく預託訓練に出すと言うことで、同時期に並行して、ゴールデンちゃんも3ヶ月間の出張トレーニングをおこないました。

預託訓練中のラブシェパくんの様子もしばしば聞いていましたが、面会に行き一緒に散歩して「ほかの犬に吠えなくなった」とおっしゃっていました。

ところが帰宅してしばらく経つと、やはり吠えるようになってきたようです。基本よくトレーニング入っている子なので、ゴールデンちゃんのトレーニング最終日に、リード使いのコツとポイントをお伝えしましたが・・・・

2週間後「今度はラブシェパの方をお願いします」とご連絡がありました。

今回は飼い主様の練習中心のトレーニングにしなければ意味がありません。ご帰宅の遅いご主人様の都合に合わせて、暗い中でのトレーニング。
まずは応急処置的方法からスタートし、徐々に細かいところを直していく予定ですが、トレーニング開始から間もなく、犬のモードが変わりました。預託訓練した子は、特にしっかりとトレーニングが入っているため、うまくモードに入れることができれば彼らはやるべきことをしっかりと実行します。

ただ、いざと言う時(この子の場合は吠える時)にリードが張った状態で対処しようとすると、完全に犬ペース。吠える子はまた吠え出してしまいます。慣れないうちは飼い主様も焦って対処するためついリードが張ってしまう傾向があり、そのあたりは繰り返しのトレーニングで徐々に慣れていただければ、正しい対処ができるようになり犬も吠えなくなっていくことでしょう。
実際、後半はかなり吠えずにいられたので、確実にコツを掴むまで、今度は週1でのトレーニングをおこなっていくことになりました。

預託訓練をしても、飼い主様への引継ぎが甘いと訓練の成果は薄れてしまいます。ここは出張訓練でフォローさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です